SAMI To Russia

ロシアのITベンチャー、WEBサービス、起業家、スタートアップを紹介します。

仲介手数料無し!アパーメントマッチングの”Локалс”

ロシアに旅行するとホテルに滞在するので、アパートメント事情は現地在住の人でないと、あまりイメージが湧かないかもしれません。

 

ロシアでアパートメントを借りる際は、通常エージェントを介して、物件を紹介されたり、オーナーと契約を結んだりします。基本は日本とあまり変わりません。
ただロシアの場合、家具・家電は引っ越しの際は基本的に持っていかないので、
引っ越しのハードルが低く、賃貸の流動性は高いように思います。

 

賃貸費用は、サンクトペテルブルクの底値が月21,000ルーブル(地下鉄駅有、40㎡以下、1LK)くらい。今の為替レートで、約¥40,000。

 

初月はこれに敷金一月分と、エージェントへの手数料を支払うことになります。
ちなみに、自分の場合は月23,000ルーブルで、少し安くしてもらったエージェントへの手数料が、9,000ルーブルでした。

 

 

この不動産仲介ビジネスに切り込むのが、”Локарс”(英:The Locals)です。

f:id:komababasukebu:20170127012038j:plain

spb.thelocals.ru


ビジネスモデル自体はいたってシンプルです。仲介業者を介さずにアパートメントを探す人と、借り手のいないアパートメントのオーナーをプラットフォーム上でマッチングというもの。


サービスローンチは2011年。ファウンダーのダニーラ(露:Данила Антоновский)は、元々モスクワ国立大学歴史学科のスーパー文系です。大学卒業後に4年ほどPRの会社で働いた後、
GQという雑誌にフリーランスで記事を書くようになりました。

 

ジャーナリストの傍ら、不動産についてブログを書いていると、そこにアパートメントの募集を載せてもいいかという連絡が入るようになります。1日に5件以上の問い合わせが来るようになって、サービスを立ち上げることにしました。

 

このマッチングプラットフォームの特徴は、

 

  1. アパートメント募集の掲載は無料
  2. 利用者の登録料無料
  3. 賃貸契約時にЛокалсへの手数料発生は無し

 

f:id:komababasukebu:20170112165534p:plain

 

では、どこでマネタイズするかというと、オーナーに直接電話をする時点で、
費用が発生します。つまりデータベースアクセスに課金されるということです。

  1. 290ルーブル(1日)
  2. 490ルーブル(5日間)
  3. 890ルーブル(30日間)

 

f:id:komababasukebu:20170112165618p:plain

 

また2012年時点では、保険会社と提携も検討していました。入居する際に、
不動産保険に加入するオプションを提供して、保険会社とのパートナー契約でマネタイズする仕組みでしたが、これについては現在機能していないようです。

引っ越し業者の広告掲載も検討していましたが、こちらも実現はされていません。
UIからして広告が掲載されると、デザイン性を失うからでしょうか。

 

2012年の時点で、サイトには1日7,000〜8,000のアクセスがありました。
さらに現在はモスクワだけでなく、サンクトペテルブルク、カザン、キエフとサービス範囲を広げています。


今はサンクトペテルブルク住まいですが、将来モスクワに引っ越す際は、
Локалсを使ってみようかと思います!


インタビュー記事→

www.forbes.ru