SAMI To Russia

ロシアのITベンチャー、WEBサービス、起業家、スタートアップを紹介します。

質にこだわるお手伝いサービス”YouDo”

日本でもTIMETICKETや、ANYTIMESなど空いた時間を使って、自分の「得意」を売るサービスが流行っていますよね。

TimeTicket[タイムチケット]

ANYTIMES : あなたの近所で「得意」を売り買いしよう


 

 

今回は、ロシアで急激に利用者を伸ばしているYouDOをご紹介します。


日常の問題解決に!
お手伝いマッチングプラットフォームのYouDO 

 

f:id:komababasukebu:20170127010746j:plain

youdo.com



ロシアでは、エージェント会社を通して、専門家に依頼することが一般的ですが、
サービスの質がまちまちだったり、中間手数料を取られて、
高額請求に発展することがあります。

 

 

その解決方法として、CtoCプラットフォームに目をつけたのが、YouDOです。


現在、問題としてカテゴリ登録されているのは、16種類。サブカテゴリまで含めると、100種類以上の項目から選択することができます。

 

カテゴリは、部屋の掃除などの日常的なものから、サイト制作など専門性の高いものまで、幅広くメニューが取り揃えられています。

 

以下は、実際の利用方法です。

 

【依頼者が自ら問題を提示する場合】

  1. 依頼者が自分の問題をYouDOに登録します。手伝って欲しいことをカテゴリから選択肢、日付・期間・料金などの情報を入力します。
  2. 入力された情報から、サービス提供者が提案を送ってきます。
  3. 提案の中から自分にあったものを選択して決済します。

    ↓申し込みフォーム

    f:id:komababasukebu:20170124163105p:plain

    ↓問題がカテゴリ毎に列挙されている。
    f:id:komababasukebu:20170124164611p:plain

    ↓説明動画

    Как создать задание на YouDo


【カテゴリから受注者を選択する場合】 

  1. カテゴリからサービス提供者を選択します。
    カテゴリ別に目安料金が表示されています。

    f:id:komababasukebu:20170124164406p:plain

 
基本的に、依頼者は手数料無料でこのサービスを利用できます。
サービス提供者が支払う料金体系は、以下の2パターンのいずれかを選択できます。

  1. 問題に対しての提案送信  *20ルーブル〜 / 1提案あたり
  2. 提案回数無制限方式  *4〜281ルーブル / 1日あたり 
    *カテゴリによって値段が変動する

↓無制限方式カテゴリ別料金表

f:id:komababasukebu:20170124172252p:plain

 

例えば、サービス提供者は、複数のカテゴリにまたがって異なる提案を、
依頼者に送る場合、都度提案に対して支払った方がコストが抑えられます。一方、
一つのカテゴリに絞っているのであれば、無制限方式の方が沢山提案を送れますので、お得になります。

 

元々は、1契約あたりに対しての手数料発生(5〜15%)でしたが、
2016年から現在の料金体系に変更されました。

 

険しいサービス提供者への道

ただし、誰でもサービス提供者になれる訳ではありません。YouDOはサービス提供者に厳正な試験を課しています。

申し込みはYouDOのサイトから行えますが、まず書類選考の時点で、犯罪歴や、
クレジットカードの支払い遅延、行政処分など、あらゆる側面から、
信頼にたる人物かどうかが判定されます。書類選考の時点で、60%落選します。
その後、オンラインテストを受け、複数回にわたる面接を突破しなければなりません。


サービス提供者は、約1000人。うち600人がアクティブに活動しています。
また、サービスを利用しているのは、主に都市部に住んでいる25歳以上の、
平均以上の所得があるユーザー層です。登録者数は80万人。うち20万人が、
少なくとも一度は利用したことがあり、3,000人が週に一度は依頼をしています。

現在、1日の依頼数は約2,000件。平均の依頼金額が2,000〜2,500ルーブルです。

 

 

サービスローンチは2012年。ファウンダーのДенис Кутергинは、元々、軍人の家系で育ち、自身も防衛大に通っていました。しかし、インターネットに出会い、
彼は大学を中退し、起業の道を歩み始めます。

 

CtoCプラットフォームとしての再スタート

2009年、Денисは共同創設者のАлексей Гидиримと、今のYouDO.comの前身である、
YouDO.ruをスタートしました。

YouDOは元々、今のCtoCの形でなく、企業のPRイベントをオンライン上で支援する
サービス(例えば、レモンをいかに早く食べれるかを競う動画を掲載する)で、
BtoCがメインでした。

 

2012年、YouDOはYouDO.comとして再スタートしました。ターゲットを企業から、
一般消費者に切り替え、CtoCプラットフォームとしてピボットしたのです。

 

再スタートしたYouDOの勢いは凄まじいものでした。2012年には、
Forbs.ruのスタートアップコンテストで準優勝し、同じサービスを展開していた、Yandex(サービス名「Yandex.Master」)を2015年、市場から撤退させました。

 

 

 前身のYouDO.ruの時から、一度も外部からの投資を受けていないYouDO。
今後は、世界展開も視野に入れているということなので、ますます期待がかかります!

 


インタビュー記事→

www.the-village.ru

www.forbes.ru

広告を非表示にする