SAMI To Russia

ロシアのITベンチャー、WEBサービス、起業家、スタートアップを紹介します。

レッカー車から愛車を守れ!車両撤去防止アプリの"CrocoDie"

この写真、どこが渋滞部分で、どこからが違法駐車の列かわかりますか?


f:id:komababasukebu:20170115020745j:plain

 

ロシアの都市を訪れたことのある人なら見慣れた光景ですよね。

 

ロシアでは数年前まで都市の交通渋滞が非常に大きな問題でした(近年は、交通インフラに莫大な投資がなされ、だいぶ改善されていますが)。交通渋滞の原因の一つに、一般道における違法駐車があります。せっかく片側3−4車線もの広い道路があっても、一車線分が違法駐車で埋まっているなんていうことは、日常茶飯事です。

 

違法駐車を取り締まる行政コストもバカにならないですが、一方で違法駐車の取り締まりは時に、善良な市民までも巻き込んでしまっています。

 

ロシアのレッカー車は駐車可能エリアに止めてある車まで、もって行ってしまうことがあるのです。CrocoDieファウンダーのКсения Загоскинаもそんな被害者の一人でした。

 

ロシア国立観光サービス大学を卒業した彼女は、品質管理の学位を取得し、石油化学製品の工場に完成品を輸出する貿易会社で最初のキャリアをスタートさせます。

 

CrocoDieのアイデアを思いついたのは、彼女の愛車が2度目の言われなきレッカー移動の被害にあった時です。

 

f:id:komababasukebu:20170127011701j:plain

crocodie.ru

 

CrocoDieは、路上駐車をした運転手にレッカー車の接近を教えるモバイルアプリです。
使い方は以下の通り;

①路上に車を駐車したらスマートフォンでCrocoDieを起動させ、アプリ上の地図で駐車した場所が間違いない事を確認し、緑色のボタンを押します。

②もし、駐車した場所から半径300m以内にレッカー車が近づくと、SMSで知らせてくれます。

 f:id:komababasukebu:20170115025759j:plain

 

(ロシアでは、レッカー車の撤去作業中にその場にいる事ができれば、車は撤去されず、罰金を支払うだけで済みます。罰金は都市と車の重量によって変動しますが、8,000ルーブル程。現在の為替レートで約¥16,000です。ちなみに東京でレッカー移動されると¥40,000~60,000程度が取られます。)

 

CrocoDieを利用していれば、たとえ撤去されてしまっても、罰金費用は「全額保証」されます。利用料金は、

  1. 75ルーブル(1週間)
  2. 149ルーブル(1ヶ月)
  3. 1,590ルーブル(1年間)
    f:id:komababasukebu:20170115040017p:plain

 

また、追加の料金体系を選択すれば、撤去されしまった場合の家までのタクシーも無料で手配してくれます。

  f:id:komababasukebu:20170115040056p:plain

 

では、アプリはどうやってレッカー車の接近を知る事ができるのでしょうか?
実は、CrocoDieでは利用者はレッカー車の写真をとってアップロードする事で、プレミアをもらう事ができます。つまり、利用者は同時にある種の”密告者”の役割を担うのです。

 

オペレーターが写真をみて、レッカー車を確認できれば、利用者は50ルーブルを得る事ができます。

 

 f:id:komababasukebu:20170115034146p:plain    f:id:komababasukebu:20170115034016p:plain



CrocoDieのサービスローンチは2015年。しかしながら、すでに50,000人の利用者がいます。スタート時はモスクワのみでのサービス展開でしたが、現在サンクトペテルブルクを含むロシア10都市にまで利用が広がっています。

 

利用可能都市を広げていくには、現地にパートナーを作り、販売促進やPRを委託します。サービス管理は本社が行います。

 

それ以外にはほとんど広告販促費は使っておらず、ロシアの検索エンジンYandexのリスティングのみだそう。CrocoDieは新しい地域に進出するたびにマスメディアに取り上げられるので、自ら認知度を上げる必要がないようです。

 

今後は、利用地域の拡大だけでなく、海外展開、それから車に関するコンシェルジュサービスの拡充を考えています。

 

世界に目を向けると、違法駐車アプリは存在します。それはサイクリストが考えた違法駐車を取り締まるためのアプリで、違法駐車を見つけると、それをマップ上に記憶させて、レッカー車がくるというもの。

towit.io

 

同じ社会問題でも、ロシア人は全く別の視点からソリューションを生み出しているのが、とても面白いと思いました!


 インタビュー記事→

biz360.ru

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする